ハンドメイドが紡ぐ、等身大のRealityへの旅

blog

着心地の良さ

「着心地の良さ」 こんにちは。今日は、初めてブログを お昼間から書いています(笑)やっと、 今年最後の活動計画予定が終わったので♪   今後、皆さまに伝えていきたい思いを記載した、 ビジネスプランコンテストの提 …

色と立体で考える人財の多面性と創造力①

「色と立体で考える人財の多面性と創造力①」 突然ですが、皆さんは、万華鏡はご存知ですよね? 鏡と光の原理を利用した万華鏡はとても奥深く、他者の心の中にある考え方や、 捉え方を伝えてくれる「心の鏡」のようだなぁ。。そんな風 …

原点回帰への旅

  「原点回帰への旅」   昨日は、3月に出展させて頂きます、京都での 会場に、下見に伺わせて頂きました。     その場所では、ファッションの世界に足を踏み入れた 最初の企業先様 …

触覚=母の愛情

「触覚=母の愛情」   新年あけましておめでとうございます。   皆さまは、年末年始をどのように過ごされていますか?   私は、この度、貴重なご縁から、某大手百貨店様での催事に、 伝統工芸士 …

カテゴリー

「着心地の良さ」

こんにちは。今日は、初めてブログを

お昼間から書いています(笑)やっと、

今年最後の活動計画予定が終わったので♪

 

今後、皆さまに伝えていきたい思いを記載した、

ビジネスプランコンテストの提出が全て終わり、

今日からは皆さまにとって、心地よい、ライフ

スタイルや、ファッションに繋がるブログを

描いて(書くではなく、皆さまに伝えたい思いを描く)

みたいと思います。また、新作の更新、ネット

ショップの整理に取り掛かりますので、時折覗いて

頂けると嬉しいです。

 

https://maodesign.base.ec/

https://www.creema.jp/c/maodesign

 

今後のブログでは、

  • 本当に素敵なファッションスタイルは?
  • 自分らしいファッションスタイルは?
  • 良い衣料品の見極め方は?

などなど、いつも日本人の方々がついつい憧れてしまう、

外国の方とのライフスタイル違いによる選択ミス!

ファッション傾向も比較しながら、お伝えして

いきたいと思っています。

 

その前に、まず、人の皮膚に一番近い存在の衣服には、

どんな役割があるのか?その役割に適した素材は?

また、どのように着用すると、着心地の良い、オシャレな

コーディネートが出来るのか?を知って頂く方が、良いかと

思います。

 

 

というのも、海外、特に、ヨーロッパ、欧米の方は、

日本の方と違い、自分にとって「着心地が良い」、

「自分らしい」お洋服を選ばれる傾向が強いからです。

 

皆さまが海外の方のスタイルや、ファッションに

憧れるのは、ある意味、確固とした、自分軸を

持っている?からかもしれません。

 

では、なぜ?海外の方は「着心地の良い」お洋服を

優先的に取り入れようするのでしょうか?そうした

しっかりとした、海外の方の自分軸を知るためも!、

ご自身の自分軸を知るためにも!、最初に、人が、

快適に感じる=着心地が良いと感じるポイントは?に

ついてお話します。

 

【 皮膚が快適と感じる、温度と湿度 】

●衣服は、第二の皮膚とも呼ばれるほど、

体温、湿度、などを調整する機能があります。

 

●皮膚と衣服と皮膚との間の空間があります。

お洋服を着用した時、肌に密着していない

ゆとりがある空間と思ってもらうと解りやすいですね。

 

●その空間内には「衣服気候」があり、人が快適に

感じる温度と、湿度があります。快適に着用して

いると感じる安静時の「衣服気候」は、

 

温度32±1℃  湿度60%以下に快適と感じる様です。

(日本での統計)

 

以外と、乾いた暖かい気候を快適と感じる様です。

 

この事から、人は外気の温度と湿度だけでなく、

皮膚と衣服との間にも気候差を感じ、影響される

という事が、お判り頂けますね?

 

では、こうした快適な温度と、湿度を保ち、

調整していくために、どういった素材を

選んだら良いのか?

 

これを、これからのブログで、ライフスタイル

シーン素材に適した、素材の特性シリーズとして

記載して行きます。

 

また、今後は、

衣(ファッション=自分らしいスタイル)

 

食(快適な食事=医食同源=健康的な身体作り)

 

住(海外とのライフスタイルとの違い=日本らしいライフスタイル)

 

のお話も、時折、事例として交えながら、お伝えしていきます。

 

 

予告篇

ヨガブームがまだまだ続いておりますが、下の画像は、

以前、10年程前に私がデザインしたヨガウエアの写真です。

画像1、画像2、どちらが今、皆さまが着用してみたいと

思えるデザインですか?

 

ちなみに、当時、このヨガウエア特集の商品はとても

人気があったのですが、評価が高かったのは、本来の

ヨガウエアに必要な体温調整機能を、あまり取り入れていない、

画像1の方でした。

 

この理由は、次回、日本と海外のライフスタイル思考の違い、

気候、ヨガ環境の違いでお伝えしていきます。

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

【 おまけ 】

前回のブログで、下半身の冷えの症状のある、

水滞症状についての「おまけ」です(*^_^*)

水滞の症状の原因の一部として、ライフスタイルの

変化が影響される事が多いです。

 

解消方法として、

●趣味や好きな事に集中すること

●気の流れを良くするストレッチ運動や気功、

深呼吸など、心を落ち着かせる運動をする。

●ミカンの皮を袋に入れて、湯船に浮かせての

入浴タイムも効果的です。

 

というコトは!

ヨガ!イイですね。

 

ただ、ヨガ教室を選ばれる際は、今、問題になっている

インストラクターの資格、衛生上の問題、ご自身にとって

無理のない、レベルにあった、ヨガスタイルを心がけて下さいね。

でないと、逆に、体に負荷をかけてしまうかもしれませんので。

 

今後は、知人、友人の方でとても皆さまからご信頼頂いている、

女性の女性らしい、ご家族、友人を大切にされる起業家の方々から、

ブログのテーマにそった、方々をご推薦して行きます。

お教室を開講されている方々、素敵な作品を手がけている方々、

お子様にも伝えたくなるような、教育・啓発活動をされている

方々も、ご紹介もして行きます。

 

ご承諾頂いてからの投稿になりますので、

しばらくお時間頂きます。ご了承ください。

<m(__)m>

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © M ☒ A ☒ O All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.