Ameba Ownd Blog

Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blogs
  4. Coffee Breakにお勧めのColorレシピ「洗朱色」

Coffee Breakにお勧めのColorレシピ「洗朱色」

毎日Work from Homeでお疲れの皆さまへCoffee Break に
おすすめの Colorレシピ と一緒に、ほんの 少しのエッセンスで
賢いお買い物を 楽しみましょう!

noteではInstagramとHPに掲載した動画配信と共に、他の
SNSには記載していない+αの内容を記載しています。また、
その続きの日本色名の実際の色についての答え合わせや、
本格的な専門的内容は、HPや有料マガジンで補足していきます。

こちらの無料ページでは、ほんの少しのエッセンスで賢く
お洒落に着こなせるお話しを掲載していきます。

Coffee Break におすすめのColorレシピ 2021/3/18 洗朱 編

洗朱の色に似あうMaterial(素材)の事について、このblog内では、
短編集的な内容で、お伝えしてみたいと思います。まず、洗朱のような
ハッキリとしたビビット系の色は、綺麗に染まるMaterial=Fabric=
(素材=布地)の方が、色名の持つ意図伝わりやすくなります。

布地の染色は大きく分けて2タイプがあります。

1:糸から染めて織り上げた『先染め』
2:織り上げた布地に後から染色する『後染め』

この2種類の内、天然繊維に用いられる事が多いのが
1の先染めになります。代表的なのが、絹、綿、ウールです。
その中でも、もっとも発色性が良く光沢がある絹はとても
高貴な方々に好まれて素材でした。実際には、色の美しさだけ
ではない効果も沢山あります。

メッリト
Ⅰ:肌ざわりが良い
Ⅱ:美しい光沢と発色性
Ⅲ:吸湿・吸水性がある

デメリット
Ⅳ:摩擦に弱い
Ⅴ:紫外線防止を吸収するため変色しやすい
Ⅵ:虫にくわれやすい

こうしたメリットとデメリットがあります。そうした
長所と短所を調和させるのが染色加工になります。
紫外線を吸収する力があって、黄色に変色しやすいので
あれば、黒にそめるという考え方もあります。日焼け止めの
手袋に黒が多い理由も、この一つで、シルクと似た効果の
ある合成繊維や、再生繊維(レーヨン等)がこうした効果を
シルクの特性から取り入れて、作られています。

環境に優しい素材の選び方や、考え方についてはこちらを参照下さい

関連記事