Ameba Ownd Blog

Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blogs
  4. Podcast 朱色 編

Podcast 朱色 編

Podcast 「朱色 編」

2021/1/5 「朱色 編」を下記にて録音しています。「朱色」は、紅の

色と同じように多様な濃淡があり、また、光の反射によって、色を認識

する私達にとっては、光沢のある素材や、つや消しの素材に乗せるだけで

多様な表情を見せてくれます。ディスプレイによって、また、部屋の明るさ

などによっても見え方が異なるのは、そのためです。上記の画像は、朱色でも

深見のある色となっているはずです。素材(Materia)が、光沢のない素材という

事も影響していると思います。ご参照下さい。

注:画像モニターによって、色の見え方は異なります。

Anchor Podcast 「朱色 編」

https://anchor.fm/mao.archaichic/episodes/ep-eoitu6/a-a49ad4e

今日は、1月1日にお伝えした「銀朱」と似た「朱色」についてお伝えして

みました。そのPodcastからお伝えしていたのは、伝統色にまつわる

天然素材の大切さでから、本当に自然環境にとってよい素材や、彩りの

魅せ方などについてお伝えさせて頂きました。

 

冒頭でもお伝えしましたが、どんな色も、太陽の光や室内であっても

光に反射することで、色の見え方は多様に変化します。また、反射する

素材の凹凸や、光沢によってもいかように見え方が異なります。

 

また、その色に併せる色や、一緒にコーディネートする色によっても

見え方は異なっていきます。朱色の見本画像もマットで光沢のない

素材の上に、淡いピンクの色やモチーフを乗せるだけで、深みのある

朱色の良さを際立たせながら、淡いピンク色もまた、美しい色合いを

みせています。

 

昨今では、あまり、大柄のプリント柄や、モチーフのついたアクセサリーを

している方々が少ないですが、もし、少しでもご自身の肌の色や、コンプレックス

に思っている、箇所に目線が行かないようにと思う際は、こうした目線を

外させる、少し大きめ、でも大きすぎないモチーフなんかをストールを

巻いた位置や、ショルダーに掛けるBagに乗せて観たり、帽子をかぶる方は

横に添えてみましょう。

それだけでも、見え方は異なっていきます。

 

天然素材は高価なため、フラットなデザインが多いようです。そのため、

どこかにポイントをおいて、彩ってみると、着回しコーデのアイデアが

沢山出来てきます。十二単までは言いませんが、多様なアイテムでの

レイヤードスタイルを堪能する事も、長くい愛用できる、ヒントになります。

 

今日は、さすがに、24時間ぶっとうしの作業は体に悪いので、

この辺で、終わらせて頂きます。次回もお楽しみに♬

 

 

関連記事

Calendar

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Blog

Archive

Facebook

M☒A☒O / archaichic News letter

note / Ownd

        

LINE友達追加

友だち追加

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。