先日、イタリアの巨匠 アキッレ・カスティオーニさんの

学びを伝えて頂くセミナーに参加させて頂きました。

 

その時のセミナーでとても、学び深かったのは、多面的にかつ、

本質的に捉える学び方でした。実際に、色んなアイデアから

生まれた作品を手にとりながら、講義に参加された方々に、

「なぜ、このデザインは優れているのか?」を問いかける学びです。

 

 

その時のセミナーで、例として挙げて頂いた腕時計のお話を少し抜粋して、

皆さまにもお伝えさせて頂きます。腕時計は、機能的でファッショナブルな

デザインは沢山あります。普通は、この腕時計のデザインの何が良いのか?と

問われたら、皆さんも見た目「色、柄や、素材」を指摘されると思います。ですが、

アキッレ・カスティオーニ氏は、モノに焦点をあてるのではなく「つかう人」に

とって、何が最も良いデザインなのか?そうした問いかけをされる方だったと教えて

頂きました。腕時計の最も優れたデザイン箇所は、人間が使いやすい「腕」

という位置に焦点をあて、考えられた事だそうです。

 

そうした「つかう側の=人」へのアプローチとなるデザイン思考が、今は、

失われつつあるのではないか?という問いかけを、アキッレ・カスティオーニ氏の

デザイン思考から、学ばせて頂いきました。

 

その時のセミナーでは、アキッレ・カスティオーニ氏の学びから、

実際に五感で感じながら、ゆったりとした環境下の中で、人と人とが

触れ合いながら、学び逢って行く事の大切さを教えて頂きました。

また、実際のモノや人と触れあわずに仕事が出来る(PC1台で仕事が

出来る環境)にも、疑問を投げかけてくれました。

 

特に日本人は、とても正確で几帳面な事から、電車が遅れる事は滅多にない

事を例にとり、疑問を投げかけて下さいました。イタリアや諸外国では30分

遅れるのは普通であり、ゆったりとした人間らしいライフスタイルである中、

このまま日本が、今以上にAIと同様の正確さと情報処理能力を求められた時、

極限のストレスに耐える事が出来るのか?という疑問と警鐘を伝えて頂きました。

 

機械化が悪いのではなく、そうした真面目で几帳面な日本人の特性を活かしながら、

本来のモノ創りは、腕時計の例にあったように、「つかう側の人」に焦点をあて、

個々のライススタイルを踏まえながら、AIにはない、人間らしい学び逢いが必要では?

というお話に、私は共感させて頂きました。今後は、諸外国のライフスタイルや

文化、歴史を紐解きながら、諸外国の方々が訪れる場所で、お互いの文化や歴史を

学び逢いながら、本当の意味でのデザイン思考に繋がるお仕事が出来ればと思います。

 

もし、このお話にご興味がございましたら、以下のURLをクリックしてみて下さい。

皆さまも、良いご縁にと共に、学び逢いの素敵な場所へと繋がって頂けたら、幸いです。

https://www.mebic.com/event/7021.html

 

 

お伝えさせて頂いた学びから、今後の活動では、諸外国の歴史や文化、ライフ

スタイルに伴ったファッションについて紐解きながら、日本らしい技術と文化を

踏まえたデザインを心がけたいと思います。また、諸外国の良い所も取り入れて

行く際、特にファッションに関連する、衣(医)・食・住のお話を、ブログや、

ワークショップ等でもお伝していきたいと思います。

 

そうしたお話をお伝えしていく中でも得に、アキッレ・カスティオーニ氏の

デザイン思考から学ばせて頂いた、「つかう人」=「顧客」にとって良い

デザインとは?を踏まえ、世界的なトレンド傾向となっている、エシカル

ファッションの考え方、「つくる責任、つかう責任」についても、お伝え出来れば

幸いです。

 

今回のブログでは、日本人の方と、欧州の方々が好むファッションの考え方、

そして、ファッションコーディネートに欠かせない身体にかかわる、「食」に

ついても、少しだけお伝えさせて頂きます。

 

日本の衣・食

①:日本人の方は、ファッションについては、世界的にみても、

      ファッショナブルであり、トレンドに敏感で、お洒落でもあります。

      10代でラグジュアリーブランドの鞄や、お財布を持てるのは、日本人の

  特権ではないでしょうか?フランスでも、富裕層でない限り、あまり

  ラグジュアリーブランドの製品を普段から使われる方は少ないようです。

 

②:日本人の方のファッション基準は、自身にあるのではなく、他者となります。

  (他者からの評価、雑誌の影響、販売員の方の助言を活用される事が多い。)

 

③:30代以降は、自身の選択が主体となり、自分で選択される様です。

  そのため、お洋服ありきとなり、ダイエット志向が他国と比べ高く、

  健全とはいえない、体型や体質になりつつあるようです。

 

④:図1のように、日本人の20代の女性は、ダイエット志向もあり、

  戦後よりも体重が減りスレンダーではありますが、猫背で、下腹に

  水が溜まりやすい状態、気・血・水(津液)が水滞している方が

  多いようです。水滞という考え方は、漢方の養生学で胃腸が弱く、

  お腹に水が溜まっていて、むくみやすい状態の方です。

 

  ※水滞症状緩和の食材として、余分な水分を流す作用のある

   豆類、ウリ科がありますが、出来だけ喉が渇いても、温かい

   食事をゆっくりと食して下さい。生姜のドリンクは良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤:④の傾向からか、2012年~ハイウエストのトレンドが日本では

     続いている事から、水滞の症状の方は、内臓冷え症の方が多く、

     無意識に内臓を温めるハイウエストのデザインを取り入れたいの

     かもしれません。

 

 

⑥:着物や帯の着用方法は、内臓冷え症の方に良い衣服の保温方法であり、

     また、袖や裾部分の明き加減を使って、的確に体内にこもり過ぎた体熱を

     適度に放熱出来る事から、汗をかき過ぎた時の湿気による冷気を飛ばす

     作用もあり、夏場の熱中症対策にも役立つ着用方法です。また、絹素材の

     着物は特に保温性が高い事もあり、冷えを感じやすい手足よりも、体熱の

     損失が少ない首から胴体部分を覆う着用方法でもあるので、洋装での、

     コーディネートや着用方法としても、ご参考下さい。

 

 

※今後は、お洋服でも保温性のある着用方法や、日本の高い紡績技術による、

   天然繊維にも劣らない、機能性素材もご紹介して行きます。

 

海外の衣・食

①欧州(フランス、イタリアなど)では、ファッションは自身にとって

  似合う物という考え方が主体のため、自身に似合う洋服を自ら選び、

  長く着用できるデザインを選ぶ傾向にあります。

 

②フランスでは、気候の変動が少ない事から10着程度のお洋服を長く

   愛用して着まわすようです。体型の変化がないように、健康的な

   生活を重視しています。

 

③:海外の方(欧州)は、お洋服にあわせるためのダイエットはしない様です。

      あくまで、自身に似合う服を長く、愛用するための健康管理重視のようです。

 

本日は、以上です。

今後も、「つかう人」を思いながらのデザイン思考、

海外のライススタイルを紐解きながら、日本らしい、

ファッション関連のお話をお伝え出来れば、幸いです。