「原点回帰への旅」

 

昨日は、3月に出展させて頂きます、京都での

会場に、下見に伺わせて頂きました。

 

 

その場所では、ファッションの世界に足を踏み入れた

最初の企業先様で堪能させて頂いた、ファブリック展を

思い出させて頂きました。

 

年2回だけ、京都で開催されるその展示会では、繊維の

技術が発展してきた文化を心で体験させて頂きました。

 

また、その展示会では、関西を中心に、全国から選り

すぐられたファブリックや、素材メーカー様が一同に

会する展示会でもありました。

 

展示会場では、各フロアーに、海外から発信された

最新トレンドをテーマ化して打ち出し、そのテーマに

紐づいた、ファブリックのオブジェや、各素材メーカー様の

ブースへと誘導する、一押しの素材を壁面にも展示していました。

 

そんなファブリックの物語を綴るディスプレイによって、

お客様(アパレルメーカー)に、ゆっくりと、繊維の

世界感を堪能して頂き、創造力を搔立てて頂いた後、

メインブースとなる、各素材メーカー様の部屋へと

辿り着くという、素敵な演出が施されていました。

 

そんな素敵な演出と、貴重な学び逢いの機会を

頂けた、自身の原点でもある経験は、今も心に

残っています。

 

また、そんな、素敵な演出にも劣らない、創造力を

搔き立てるファブリックメーカー様の開発ストーリーは、

大きな窓から垣間見える庭園の風景と、京都ならではの

お茶を嗜みながら、堪能させて頂きました。

 

昨日の京都での展示会場の下見会場は、昨今のスピード化を

重視してきたファッション業界とは異なり、天然繊維の特性と、

古来の技術と染色技法の特性を見事に取り入れ、発展してきた、

日本の繊維業界ならではの、貴重なご縁と学び逢いを、思い

起させていただいた、”旅先”でした。

 

そんな、素敵な経験と学び逢いの大切さを、

いつか、未来ある子供達にも、伝えていく事が

出来たら、幸いです。

 

3月に出展させて頂きます、催事及び、

展示会場のご案内は以下の通りとなります。

 

お時間がございましたら、慌ただしい日常の世界を

少しだけ離れ、お足を運んで頂けましたら、幸いです。

 

素敵な“旅”先での非日常的な空間で、大切な家族に、

心からの “ありがとう” の思いを思い起させてくれた、

“工芸”との出逢いを、ぜひ、ご堪能下さい。

 

 

KOUGEI NOW 2018

Kyoto Crafts Exhibition

“DIALOGUE”テーマ「旅と工芸」

開催日時:2018年3月17日(土)11:00~18:00

2018年3月18日(日)11:00~17:00

※3月16日(金)11:00~18:00には

招待客に向けた内見会を行います。

 

会場:ホテルカンラ京都

京都市下京区烏丸通六条下る北町190